使い方は無限大。
煩雑になっていた社内コミュニケーションもこれ一つで。

「働き方改革」の名のもとに、
教育時間の捻出に苦労されていませんか?

技術研修を受講し、現場に出たスタッフが一番感じることが、「あの研修、もう一回受けたい」ということをご存知ですか?研修内容が身につくのは、実際に自分がその現場に立ち会った時です。でもその時には、習った知識はうろ覚え・・。
でも動画教育なら、講習内容を繰り返し見返すことができます。また距離が離れていたり、スケジュールが合わなくて参加できないという教育機会のロスも防ぐこともできます。
何より、ClipLine Beautyは「双方向教育」ツールですので、経営者や教育責任者の方がスタッフの皆さんに課題の設定をしたり、その課題提出に対してコメントをすることができるなど、ただ「この動画を観ておいて」というサービスとは大きく異なり、高い効果を期待することができます。

社内情報共有

店舗マネジメント強化

ノウハウ共有

社内のキラリと光る技術も全社共有。

ある店舗にヘアカラーをキレイに短時間で仕上げられるスタッフがいたとします。本人は特段凄いことだと感じることなく、同じ店舗のスタッフもそれが当たり前になっている。でも他の店舗のスタッフが見るととても凄い技術だった。実はこういう事象がどのサロンにも埋もれていたりします。こういった各店の優れた技術をクリップにして共有するだけで、全社的に技術向上を図ることができます。
またClipLine Beautyには標準で参考になるクリップが搭載されていますので、教育に活用いただくことも、自社のクリップ製作の参考にしていただくこともできます。

各業界の一流講師のクリップからも学べる。

「あのサロン、腕はいいけど雰囲気がね・・」とか、素敵なスタイリングにしてもらったのに、なんだかメイクとあっておらず、サロンを出て最初に向かうのが百貨店のトイレだった、などなど。スタイリストが最高のサービスを提供したいと思って提供しているものと、お客様が求めるサービスのちょっとした認識の差で、お客様の満足度は大きく低下してしまいます。接遇やメイク、カットなど+αの知識や技術を、提携している一流講師のクリップを通じて学んでいただくことができます。(IDとは別途費用がかかります。)

「一年前に比べてこんなに成長した!」が一目瞭然

以前に比べて、業務時間外の自主練を設定するのが難しい環境になってきていますが、それでも日々の練習は欠かすことができません。例えばスタイリスト・アシスタントそれぞれが、週一の練習風景を動画に撮影してアップロードするだけで1年経つと1人あたり50本近い「そのスタッフの練習の歴史」が貯まってきます。
各スタッフがどのようにスキルを磨いてきたのか、その成長を全て残すことはまさに各サロンの思い出や歴史を残していくことでもあります。

たとえ距離が離れていても、
コミュニケーションは間近に。

本部と店舗間の距離、経営陣と現場という階層による距離。社内には様々な距離があるため、お互いの想いがうまく伝わらないという課題を持っていらっしゃる方も多いと思います。
例えば現場のスタッフが毎月月初に「今月の意気込み」動画をアップロード、代わりに経営陣は前月の状況報告や今月の目標、現場への労いやメッセージをアップロードする。そしてお互いのクリップにいいね!やコメントを。
なかなか伝わらなかった経営陣と現場それぞれの意向を確認することで、想いが伝わりやすくなります。距離が離れていても、ClipLine Beautyならこんなコミュニケーションが可能です。

社内情報共有

店舗マネジメント強化

ノウハウ共有

他店舗のスタッフの想いを知ることができます。

「自分は1年半でスタイリストデビューします!」
月1回の社内勉強会や会議の時にしか会わない多店舗のアシスタント。サロン数が増加していくと、なかなか人となりをよく知らないスタッフも多くなる中、一人ひとりの考えていることも共有することができます。
また社内コンテストのような使い方をすることで、例えば「元気な挨拶」という動画一つでも、誰がどのような挨拶ができるのかが一目瞭然に!次に本人に合う時に、「あれ観たよ!」というコミュニケーションにもつながります。

「どこでもドア」を店舗マネジメントに!

あるサロンのエリアマネージャー様が「このサービスはどこでもドアみたいだね」と仰いました。
店販強化のシーズンにある店舗だけ断トツで売上を上げていました。気になったそのマネージャーが各店舗の店販ディスプレイを写真でアップロードしてもらったところ、該当の店舗だけ立体で目立つ作りになっていました。
それを各店舗に共有したところ、大きく売上があがったとのこと。これを店舗を回ることなくできてしまうことを「どこでもドア」に例えていただきました。日々の店舗のクリンリネスの状況や接客風景などなど、動画や写真で定期的にアップロードしていくことで、店舗に行かずして店舗の状況を把握することも可能です。

個別のノウハウを社内の隅々まで。

各個人が持っているちょっとした仕事のコツも、店舗が独自でやっていることも、どちらも貴重なノウハウ。
美容業界は他業界に比べても各自がノウハウを持ちやすい業界。各自がそんなちょっとしたノウハウをアップロードすることで、社内には莫大なノウハウが貯まってきます。
是非各自が日常業務や接客で気を付けている工夫をアップロードしてみてください。

導入をご検討の方はこちら

教育・マネジメント・コミュニケーションが圧倒的に変わります!

お問い合わせ・資料請求はこちら